\ Instagramフォローしてね /

春は肌荒れしやすい!予防策と、お手入れ方法教えます

お肌のこと

こんにちは?ビューティーアドバイザー星野です。春が近づいてくると私は声が出なくなります?8年くらい前から春になるといつも声が出ないなぁと思っていたら、花粉症だったのです。今年は花粉の量も多いと聞いているので怖いです?そして今年は既に声がかすれています?慌ててアレルギー剤を飲みましたが、もう遅い??3月になると一気にコソコソ話の星野になりますがよろしくお願いします?

スポンサーリンク

春がくると肌荒れしやすい理由

冬は暖房をとにかく使うので身体中が乾燥しています。1年の中でも乾燥してるなと実感するほど状況は深刻です。

乾燥している肌はダメージを受けやすいので、あらゆる刺激に弱い状態が続いています。春になると一気に季節が変わり色んなストレスが肌にのしかかります。春のトラブルを念頭においてしっかり対策していきましょう!

春のトラブル① 紫外線

春になると紫外線が一気に増えるのはご存知だと思います。まだまだ日差しが強いと感じないので油断しがちですが、春の紫外線は、弛みを引き起こすといわれるA波が強く降り注ぎます。

紫外線は乾燥している肌が大好きなので、冬でカサカサが進行している肌の内部に入り込んできます?

紫外線対策も大事ですが冬のうちから乾燥を感じない肌作りを心がけることがかなり大事になってきます?

肌トラブル② 花粉

今年の花粉は10倍とも言われています。気温が暖かかくなると肌の状態は一気に変化します。乾燥していたと思われる肌も気温の上昇と共に皮脂が出やすくなります。

皮脂は空気中に舞う花粉をくっつけやすいので、肌荒れの原因になります。花粉が飛び回ると肌荒れしやすい人はなるべく肌をサラサラに保つようにしましょう。

乾燥しているときはクッションファンデなどで艶肌仕上がりにしている人も上にパウダーをはたき、マットな質感にしてあげる事も効果的です??

肌トラブル③ ストレス

春は年度の切替わりでドタバタしますね?学生から社会人になったり、進学に備えて引越しなど環境が変わりやすい時期です。新たな気持ちといえど、不安も沢山抱えた中で過ごしているので肌にとっては心身のストレスが一番大敵です?

①〜③は誰にとっても当てはまる事なので、非常に肌のトラブルが多いのが春なのです。

春のトラブルに備えて今からできる事

保湿

これが1番大事です!刺激に強い肌を作るためには水分がものすごく大切です。油分で肌を守っても肌の中がカサカサだったら肌は強くなれません?化粧水をしっかり入れて水分が逃げ出さないようにクリームで保護しましょう!

【ポイント】冬の肌は角質が硬くなっています。肌が硬いと化粧水は入り込みません?硬い肌を剥がしてから化粧水を入れ込むのが一番!

オススメはハイドロスキン

古い角質を美容液で浮かせてとりのぞき、有効成分を肌の中に取り入れていくことで正常なターンオーバーを手助けしてくれるララチッタの人気フェイシャル。→詳しくはこちらをご覧ください

私の叔母が白斑が気にならなくなったと喜んでいるので、その画像を見ていただきたい?2ヶ月に1度のハイドロスキンで白斑の周りのくすみがとれ、肌の質も上がってるように見える。

左からbefore半年前

冬の肌ケアをサボると春の肌がボロボロになってしまうのでしっかりケアして欲しいです❤️

肌は綺麗だとテンションあがるし、女子って見てるよね?❤️そうゆうところ?マスクもそろそろ外す時が来そうなので、ケアしっかりしましょう!

タイトルとURLをコピーしました