\ Instagramフォローしてね /

お金の勉強していますか?おすすめの勉強法を紹介します

スタッフの日常

どーも、「隙あらば勉強」の美容師ハッタです。

いつものことなんですが、美容に全く関係のないブログ記事を書いていきます。

新型コロナウイルスのせいで消費が冷え込み、誰も想像もしなかった事態がおこってしまいました。

旅行に行くこともなくなり、外食の回数も減り、余ったお金でおうちでちょっと高いもの食べようかな〜くらいのお金の動きではないでしょうか?

実際に各家庭の貯蓄額は増えているという統計も出ています。

さて、せっかく貯めたお金をどこに預けていますか?まさか銀行?金利で全く増えない時代に銀行はないですよね・・・

携帯電話はどこのキャリアを契約していますか?

まさか3大キャリア?(ドコモ、au、ソフトバンク)携帯ショップで言われるがままに契約していないですか?

お金のことは知識をつければ得をして、知らなければ損をすることがとても多いです。

そんなこと言われてもどう勉強していいかわからないよ〜

面倒くさがらずにちょっとでも勉強すればきっと毎月かかってくる費用を抑えることができるようになるので、一つのきっかけとして読み進めてもらえればと思います。

と言うのも、最近の勉強をお金方面にベクトルを向けたので話しておきたいだけです。

あくまでハッタが学んだ知識と勉強法なので参考までに。

お金を預けるなら銀行よりも証券会社

貯まったお金をどこに預けるのか?という質問をしましたが、ハッタは銀行だけでなく【証券会社】を利用しています。

銀行には毎月引き落としされる分と、いざというときにすぐ現金化できるだけのお金を30〜50万ほど入れてあれば何の問題もないと思っているので、それ以外は証券会社に入れるようにしています。

理由としては「銀行に預けていても増えたと実感できるほどの金利がない」からです。

新潟県内の代表的な地銀である第四北越銀行の普通預金金利が0.001%です。

みんな大好き定期預金はなんと普通預金のなんと2倍!0.002%も金利がつきます。

定期預金だと2倍の金利になるのでこれがすごいと思うかどうかは、あなたのマネーリテラシー次第ですが、ビックリするくらい低い金利です。

金利0.001%の預金は100万円預けて1年後に8円(税引後)もらえるくらいの金利です。

少なっっ!!

そうなんです。高度経済成長期は10%を超える金利のときもあったのですが、現在は0.001%です。

2000年では0.1%もあった金利も今は0.001%です。

高度経済成長期に銀行に預けていた人からしてみれば「お金は銀行に預けろ」というかもしれませんが、当時の10000分の1しか預金金利がない時代に銀行に入れていてもね…

銀行に100万円を預けて10万円増えるような時代はもう来ないでしょうね。

ATMで手数料110円を取られてもいいやという人は、銀行に1400万円預けて1年間後の金利で112円なので、これをどう捉えるかでお金に対する考え方が変わるのではないでしょうか。

証券会社で投資に回す

ハッタは「証券会社に預けている」と言いましたが、要するに株式投資をしています。

投資は自己責任なので強くおすすめはしませんが、それでも銀行よりは手堅く増やすことができているので結果的にはいいのではないでしょうか。

利用している証券会社は楽天証券でネットで完結できるのでオススメです。楽天経済圏の方は特にメリットがあると思います。

他にもSBI証券もおすすめだと各書で記載されていますが、楽天銀行を使っていたので色々便利だという理由で楽天証券を選択しています。

つみたてNISAで節税しながら運用すると20年後には2倍くらいにはなっている計算なので、日々の生活にに負担のないくらいの投資ができればいいのではないでしょうか?

ちなみに「NISA」や「つみたてNISA」は金融庁が推奨している非課税制度なので国のお墨付きです。(絶対に増えるという意味ではない)

通常、株式投資などで得た利益には約20%の税金がかかってきますが、NISAでは年間の上限金額がありますが利益が非課税となります。課税対象ではなくなるというのは節税とは違いますが、10万円の利益から20%の2万円を引かれることを考えると大きいです。

その他、節税制度を利用する

「ふるさと納税」や「iDeCo(個人型確定拠出年金)」なんかもオススメです。

ふるさと納税は住民税が減額されて(先払い)なおかつ寄付先からの返礼品がもらえるので、お得に特産品を手に入れることができます。

確定申告等で提出するものがある手間が面倒ですが、ほぼ確実に寄付額以上のお得さがあるのでやる価値はあり。

楽天でもやっているのでお買い物マラソンなどと一緒に納税すると楽天ポイントも稼げるのでポイ活中の方にはもってこいの節税です。もしくは0か5のつく日はポイントが増えます。両方が重なるパターンもあるのでポイント狙いの場合はじっくりと考えてください。

いろんなサイト(さとふる、ふるナビ等)がありますが、ポイントがつくのは楽天のみなのでぜひ。

iDeCoは個人で加入する年金で60歳になるまで引き出すことができないのですが3つのメリットがあります。

  • 掛金が所得控除される
  • 運用益が非課税
  • 受給時に所得控除を受けられる

説明が難しくなるので詳細は下のリンクから確認してみてもらえればと思います。

まとめ

何にせよ運用してお金でお金を稼ぐか節税をしておくことで、ほぼ確実に銀行にただ預けておくよりも年利が取れるということです。

ふるさと納税はやりたいと思ったタイミングですぐできるのでオススメです。

ただ一つ注意事項をお伝えしておくのであれば、資産の運用は自己責任が大前提となっています。

「言われたからやったのに〜」と言われても誰にも責任は取れないので、お金に関する教養を早めに持つことをおすすめします。

スマホの話も出したのに長くなりそうなので今回は割愛します。

こんなコロナ禍でお金余りの世の中になっているので、資産運用の勉強を毎日するようにしていました。

少しでも参考になるところがあれば幸いです。

長々読んでいただいてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました